FC2ブログ

London collection men's- Casely-Hayford 16SS




Central Londonにて行なわれたCasely-Hayford 16SSのrunway

今回はー不確定な起源ーがテーマ。

それまでのショーディッチと呼ばれるイーストロンドンから、スタジオをノースに移動。まだまだこれからの街に、デザイナー達は「昔のショーディッチのようで、こらから発展するよ」と。
このエリアは決して安全な場所ではないであろう。様々な国籍、起源を持つであろう人達が行き交う。こういう要素もコレクションに取り入れー日常をファッションに昇華する点などは、やはりデザイナーの技といえる。

エスニック、アジアン、アフリカン、アメリカンーそれらをブリティッシュとしてのアプローチで織り交ぜていく。





ロンドンのプレスにインタビューされるデザイナーのJoe Casely-Hayford氏。

いつも穏やかな彼もショーに臨み、その表情にいつもと違う緊張感がみれる。

コレクションは、既にWWDなどで素晴らしい画像がアップされているので、そちらをご覧いただきたい。

張り詰めた緊張感とショーを終えた後の安堵感に包まれる。

そういうデザイナー達と仕事ができることは、本当に幸せなことと感じる。

関わる全ての方に感謝したい。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中野

Author:中野
アパレルOEMならお任せ!Hope International Worksのスタッフです!みんなでいろんなことを書いていきます!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR