FC2ブログ

エリザとコットンプリント

行ってきました、
これ
1468410199198.jpg

と、これ

20160710_121009-1.jpg



上は、もー誰も聞きたくないでしょーけど、
舞台「エリザベート」観てきました。
いいね、この作品。
曲もお話も、ほんといい。
今回は向かって左の城田優君で観てきました。
まーなんて、美しい黄泉の帝王だことー
ため息がだだもれでしたー


お次の
西洋更紗トワル・ド・ジュイ展
インド更紗に強く影響を受けた、フランスのコットンプリントの生地展。
こちら、あまり期待値低めでいったんですが、よかった。

20160718_200355.jpg

単色の田園風景に人物や、色鮮やかな小花のプリント柄など、現代にも伝えられています。
マリーアントワネットのドレスの端生地ですが、それも展示されていて、
おそらくこんな様式のドレスだっただろうレプリカもありました。

実際に、その時代のドレスもあったり、
生地もたくさんあって、どれも可愛いかったです。

プリント手法は、木版プリントや、銅版プリントで、
画家をデザイナーにスカウトしてプリントの柄を書かしていたそうです。


東インド会社が、持ち込んだインド更紗は、
それまではシルクやウールに親しんでいた西洋の人に、
実用的な布としてすごいブームになって、ドレスや装飾にとり入れられたそうです。
その為シルクやウールが売れなくなって、
輸入も着用も出来ない使用禁止令が、1686-73まで出たくらいだそうです。

その禁止令がとかれたころ、
この西洋更紗が生産され始めたらしいですよ。

銅版で単色になるまでの、赤色、染料の茜がとっても、綺麗でしたよ。

大阪来ないかもだけど、チャンスあれば、BunkamuraミュージアムへGO。

toku
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中野

Author:中野
アパレルOEMならお任せ!Hope International Worksのスタッフです!みんなでいろんなことを書いていきます!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR