FC2ブログ

人工羽毛

羽毛の取引価格が高止まりしていることを受け、繊維大手各社が人工羽毛の開発に力を入れている。
鳥インフルエンザの影響などで羽毛の世界的な産地の中国の供給量が減り、代替品の重要が高まっていることが背景にある。

中国産羽毛の今年初めの取引価格は1kgあたり80ドル程度と、2年前の2倍の水準。
日本の輸入量の4割強を占める中国で昨年春、鳥インフルエンザが発生。
羽毛を採る水鳥が大量に処分されたため、価格が高騰、その後も高止まりしている。

価格が下がらないのは、構造的な事情もある。
羽毛は主にアヒルやガチョウなど食用の水鳥から採れるが、経済成長が続く中国で、生活水準が下がり、水鳥の肉を余り食べなくなった。
中国で羽毛の重要も伸び、輸出に回す量も減った。

人工羽毛の市場は、洗濯できる使い勝手の良さや、動物愛護の視点からも拡大傾向にある。






(讀賣新聞より)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中野

Author:中野
アパレルOEMならお任せ!Hope International Worksのスタッフです!みんなでいろんなことを書いていきます!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR